こどもタウンって何??

こどもタウンは、こども達が作る仮想の街です!

こどもたちが“リアルな社会体験”を通して、楽しく社会のしくみを学ぶ取組みです。

こどもたちは協力して「お仕事」をし、稼いだお金を使って納税や買い物をします。

納税したお金は、選挙などを通して、こどもタウンの発展に使われます。

また、ルールを守り、時に改善することで、自分たちの社会を自分で作っていきます。

毎回たくさんのこども達がこどもタウンの市民となって活動しています!

写真にあるのは今まで行ってきたブースの一例です。

こどもタウン内にある様々なブースで、お仕事体験をすることが出来ます。

こどもタウンすごろくって何??

新型コロナウイルの蔓延によって、以前のように大きなまちでたくさんの子どもたちが一緒に活動をすることが難しい状況になりました。

そこで、中高生がオンラインでも小学生と一緒に楽しく社会の仕組みを学べるイベントを考えました。

それがこどもタウンすごろくです。

こどもタウンすごろくとは、オンラインで中高生と小学生がつながり、すごろくやクイズを通して社会での出来事や仕組みを学びます。

マスの中には選挙や納税もあり、自分たちで考えてながらコマを進めていきます。

すごろくを進めていく中で、こどもタウンの仮想通貨であるイットを稼いでいきます。

最後には、稼いだイットで買い物をすることができ、その商品は後日参加者の家に届きます。

こどもタウンは愛媛県以外にも!!

こどもタウンは主に愛媛県松山市を拠点に活動をしていますが、愛媛県以外にも沖縄県や山口県など、様々な県や地域で活動してきました!

今後は、オンラインでのこどもタウンすごろくも活用して、全国各地でのこどもタウンを開催していきたいと考えています。